チーム紹介


●モルドの歴史

・2006年4月に杉山の職場の人と友人を集め発足。

自分でチームを作る、と言い放ち、以前所属していたチームを辞めた杉山だったが、
どう人を集めていいものか考えているうちに1年が経過…。(というか殆ど諦めていた…)
杉山が事情により転職。細々と仕事している時、ある中年男性から声を掛けられる。
「俺、野球経験ないけど野球やりたいんだけど…」。当時37歳の(川島選手)思いつきに心を動かされ、
職場の同僚、上司を集め、天竜川河川敷で練習開始。(最初は9人くらいしかいなかったかな…)

河川敷で練習中に偶然、Eigyo VANさんから試合の依頼を受ける。本当にたまたま。
あたふたしながら初試合。9-19とボロ負けながらも、初試合に感動する。
完全に代表は野球にはまる。

■2006年(初年度)戦績  11戦5勝5敗1分

_____________________________________________

2007年度より、交友チーム あらた〜ずさん、Eigyo VANさんを中心に、D-MAXリーグを開始。

HPもしっかり作成するようになり、対戦相手の幅が広がる。
また人の入れ替わりも、何故か激しくなる。

■2007年度 戦績 28戦16勝12敗

______________________________________________

2008年度も順調に試合をこなす。人数不足を解消しようとHPで勧誘し続け、新入団選手が次々と入団する。

■2008年度 戦績 27戦15勝12敗

______________________________________________

2009年度は、人数も出欠も初期に比べれば安定してきた。(代表は一安心)

■2009年度 戦績 24戦12勝11敗1分け

_____________________________________________________________________________________________________________________________________________________

2010年度、エース山本が故障、切り込み体調大石が出向など、主力メンバーのトラブルが…。
更に主軸である豊、ティモが打撃不振に…。ティモはイップスになりエラーを量産。(ほんとか?)

■2010年度 戦績 29戦15勝14敗

_______________________________________________
2011年度、大震災の影響で自動車関連の休日がズレ、夏場は極端に試合数が減る。

■2011年度 戦績 20戦16勝12敗2分
_______________________________________________

2012年、オフシーズンに主力の垣本が帰郷、山内が転勤と痛いスタート。
新加入選手として伊藤、政本が加わる。

■チーム通算 戦跡 139戦79勝66敗4分 (2012年3月現在)
 
今に至る…。




●モルドの状況・特徴・その他色々

・現在メンバーは正メンバー15名+マネ1名の計16名です。  (2012年8月現在)
※準メンバーと呼ばれる幽霊選手多数。

・D-MAXリーグに加盟しています。

・主に活動時間は土曜日13:00〜17:00です。

 活動場所は、

 高丘公園・可美公園・新橋体育センター・安間川公園、細江総合グラウンド、豊岡野球場など 

・野球連盟には所属していません。(通常の9人制 野球では無い為)

・とにかく楽しく全力で野球をやることが一番!でも実力の範囲内で可能であれば出来るだけ勝つ。

・スタメンは代表が出席率、個人成績などを参考に組みます。

・味方は勿論、相手がファインプレー・ガッツ溢れるプレーをした時も拍手をしましょう。
 ファインプレー・ガッツ溢れるプレーには敵も味方もありません。

・モルドは全員打順で試合に望みます。
守備は人数が多くてポジションが同じ人は1イニング交代などで試合に出場しています。

・ファールボールは率先して取りにいきましょう。

・バットは試合中は危ないので、グラウンド備え付けのバットケースがある場合は使用後は戻しましょう。
ない場合はベンチの裏など危険ではないところに避けておきましょう。

・審判は攻撃側審判です。味方の攻撃の審判をすることになります。
先発審判は代表がやります。次のイニングからは3アウト目になった人が審判です。
審判も最初はやったことが無くて当然です。数をこなしていく中で個々に学習して頂きたいと思います。
私がここまでやった中で大事だと思ったことは以下の点です。

・捕手から離れすぎない。
・捕手の目線でジャッジ。
・ストライクの時はしっかりと手を挙げる。
・大きな声ではっきりと焦らずにジャッジする。
・試合球はしっかりと持って審判をする。※打席付近にボールが転がっていると危険です。

これだけで十分審判ぽくなります。勿論これだけでは十分ではないでしょうが、
審判の上手い人?を見習って、いい部分は取り入れていきましょう。

・マネージャーのスコアや、ビデオカメラで試合を記録・録画し、それを元に成績をつけています。
個人成績・チーム成績をD-MAXリーグにアップし、他の所属チームと成績を競っています。
個人タイトルもあり、メンバーは皆、自分の長所を生かしたタイトルを常に狙っています。

・決して相手を野次らない。不快な思いをさせない。(限度があるが味方は野次って良し)

・全力プレーで思いっ切り野球を楽しむ。明らかに凡打でも、諦めないで全力疾走!草野球は色々起こるんです(笑)

・接戦や大会以外は、とにかく個人成績に拘る。成績に拘って野球やると楽しいですよ。

・時間を守れる。

・出欠連絡がしっかり出来る。

最年少24歳、最年長33歳、チームの平均年齢は多分30歳くらいです。(2012年8月現在)

*当たり前のことですが、

・喫煙者はタバコの吸殻はポケット灰皿などを各自用意し、持ち帰る。
出来れば試合中は我慢する。相手チームに悪い印象を与える可能性があります。
どうしても吸いたければベンチから出て、グラウンド外で吸いましょう。

・ゴミは各自で持ち帰る。(落ちている物があれば、拾って帰るぐらいの気持ちで)

・相手チームに迷惑をかけない。不快な思いをさせないように配慮をする。

・出欠連絡は早目に必ずする。
*試合を組む上でこれが一番問題です。

出欠席が早目にはっきりしないと、中々試合を組む事が出来ません。
最悪の場合、相手チームさんにも迷惑がかかってしまいます。
このようなことを無くす為にも、出欠席連絡は早目にして頂きたいと思います。

またスタメン確定後の出欠変更の際は、出欠入力の変更と共に、
代表に直接メールで一報を入れましょう。

                             

モドル